離島でのダイビング

沖縄旅行の目的としてマリンスポーツをするとき、一番の人気となっているのがダイビングです。
沖縄を訪れる観光客のうちでも最も希望者が多いのもこのダイビングとなっており、温暖な沖縄の海の美しい景色を見るために、年間を通してたくさんの人が沖縄を訪れます。

沖縄県内ではどのビーチでダイビングをしても大変美しく楽しいのですが、そんな中でも強くオススメをしたいのが離島でのダイビングです。
沖縄の離島は四方を海に囲まれており、周辺に大陸もないことから非常に美しい環境が長年にわたって維持されてきています。
本州から数百キロも南に下ったポイントの海では、本州では決して見ることのできないサンゴ礁の群れや、透明感の高い水質で珍しい亜熱帯の魚の姿を見ることができます。

おすすめダイビングスポット~宮古島・ケマラ諸島~

沖縄離島のダイビングでも特におすすめのスポットは宮古島のダイビングです。
宮古島から見る海の色は「宮古ブルー」と称されることもあるほど単に「青い色」と片付けてしまうにはあまりにも惜しいほどの色合いとなっています。
青と緑に植林風景からの色彩も映り込み、筆舌に尽くしがたいような複雑な色合いをしているのです。

宮古島は島の地形もなだらかなものではなく、島周辺に多くの自然洞窟や絶壁などが存在しています。
そのためダイビングをしているとまるで探検をしているかのような愉しさがあり、日本最大級といわれるサンゴ礁の景色も同時に見ることができます。
また宮古島にダイビング目的で訪れる人が多いこともあり、島内にはダイビングショップやスクールも充実しており、これまでダイビングをしたことがないという人も短期体験をしてみることができます。

すでにダイビングには慣れておりより通好みするスポットに行きたいということであれば、沖縄本島から西に少し進んだところにあるケマラ諸島でのダイビングもおすすめです。
ケマラ諸島は地域でいえば座間味村に属する、座間味島の南部周辺の場所のことです。
諸島という名前があるように近辺には大小20におよぶ島が点在しており、無人島も数多くなっていることがポイントです。

ケマラ諸島は八重山諸島に比べて沖縄本島からの距離も近いので、沖縄旅行の日数にあまり余裕のない人であっても比較的ダイビングに時間をかけることができやすいということも大きなポイントとなっています。
こんなにも魅力がたっぷりなのが沖縄の離島ダイビングです。