アリガーでのダイビング

離島でのダイビング!として最初のスポットに上げるのは「アリガー」です。
名前からすると海外のような響きを感じますが、実際には日本国内にあるスポットです。
この場所は数ある沖縄のダイビングスポットのなかでも特に人気が高い場所となっています。
また、別名では「アリガーケーブル」と呼ばれることもあるのですが、この由来はどこにあるのでしょうか?

この名前の由来となっているのは、アリガーの海底に敷設されているケーブルです。
アリガーがある渡嘉敷島と、他の島とを結んでいるケーブルです。
このケーブルはそれほど深くない場所にあるため、ダイビングの初心者でも簡単にみることが出来る場所となっており、この場所でダイビングをするならぜひ見たいポイントの1つとなっています。

さらに、このケーブル自体が誘導線の役割を果たしています。
通常、行き先の指針が分からなくなってしまうことが多い海底において、どちらに向かえば良いのか、ということが分かる、というのはダイビング初心者にとっては安心なポイントだといえるでしょう。
さらにこのケーブルを沿って泳いでいくと到達することが出来るのが「沖の根」とよばれるスポットです。

このスポットは非常に多くの種類に渡る魚が泳ぐスポットとなっており、日本国内とは思えないような美しい海の光景を楽しむことが出来るでしょう。
具体的にはタイの仲間が多く泳いでおり、現実の竜宮城のような風情を感じさせるでしょう。
この他に生息しているものとしては、ガーデンイールという魚がいます。
熱帯魚の一種で、上手くコロニーを見つける事ができれば水族館の水槽を除いているような気分になれるでしょう。

さらに、幸運を呼ぶとされるウミガメも生息しており、運良くみることが出来ればラッキーでしょう。
初めてのダイビングにも最適なスポットの1つだと言えます。

アリガーの基本情報

では、アリガーにおけるダイビングの基本情報について紹介します。
エントリーはボートから行う形となっているため、これも初心者が親しみやすいポイントの1つと言えるでしょう。
最大水深は30メートル程となっておりそれほど深くはありませんので、中級者以上に取っては少し物足りないスポットになってしまうかもしれません。
流れも弱いため、流されてしまう心配もほとんどありません。

アンカーやドリフトと呼ばれるスタイルでダイビングが行われることが多く、主な海底の地形は砂地や岩場となっています。
那覇の港から40分程という距離であることもありアクセスに優れており、比較的訪ねやすい場所であるのも魅力の1つでしょう。
今からダイビングを始めたいけど不安、という人に最高のスポットの1つとなっているため、まずはここから初めて見るのは如何でしょうか。