パラグライダー・パラセール

235e9f7c972c6a95a331e385877e4042_m

空を飛ぶ

沖縄の美しさはなんといっても周囲を取り囲む海にありますが、それを堪能するには上空から見下ろしてみるという方法もあります。
沖縄の風を感じながら海を上空から眺めることができるのが、パラグライダーやパラセールという方法です。
パラグライダーとは、パラシュートを体につけたまま風に乗って飛んでゆくという方法で、完全に風の力だけで進んでいくタイプとともに小型のプロペラとモーターをつけた「パラモーター」というものもよく使われます。

パラセールとは、同じくパラシュートを身につけますが、動力として自動車やモーターボートに引いてもらうというものです。
海の上をモーターボートに引いてもらいながら移動するものを「パラセーリング」と特別に名称を分けることもあります。
パラグライダーは全国のかなり広い土地で行われていますが、沖縄の場合は海上上空が主なルートになるところが独特です。
沖縄県内には本島・離島いずれにもいくつか業者があるので、その中から好きなプランを申し込むことができるようになっています。

いきなり一人で行うのは危険なので、初めての乗用にはプロのインストラクターさんと一緒に行うことになります。
スカイダイビングのように体を前後でつないで、海岸線の砂浜などから飛び立ちます。
天候がよいときには数歩歩いただけでふわりと体が浮き、そのまま沖縄上空へと向かっていくことができます。

空の観光

モーターのついたモーターパラグライダーの場合、だいたい上空200mくらいの高さにまで上ります。
操作は背中につけたモーターと左右で握れるグリップを使用しますが、インストラクターさんがついているときには前にいる人は両手が完全に自由になります。
なので、カメラなどを持って飛び、そこから写真をとることも自由です。

パラセーリングの場合には、パラシュートの下にブランコのような椅子がついており、そこに腰掛けた姿勢でボートから引いてもらいます。
なので、2~3人で一緒に飛ぶことができますし、小さな子供さんでも大丈夫です。

パラセーリングでは海面から40~50mくらいの高さでの飛行になりますが、それでも十分な高さがあるので周囲の景色を360度のパノラマで眺めることができます。
乗る前にはライフジャケット着用などがあり、飛び立つときも座った姿勢のままで大丈夫なので、マリンスポーツの中でもかなり安全に楽しむことができるスポーツと言えます。
料金も10,000円以下でできるところがほとんどです。