ウェイクボード

ウェイクボードの楽しみ方

ウェイクボードは世界中で人気のマリンスポーツです。
沖縄でも必ずと言っていいほどウェイクボードを楽しむ人の姿を見かけますが、テイクオフするまでには練習が必要です。

初心者がぶっつけ本番で気軽に楽しめるスポーツではありません。
運動神経がよくマリンスポーツに慣れている人なら、何度か練習すればすぐにコツをつかめますが、スピードが出ているボードの上に立つという事は危険も伴います。
どんなスポーツもそうですが、特にマリンスポーツは上級者でも海の上では何が起こるか予測できない事があるので、楽しむ前に危険が伴うスポーツだという事は理解しておきましょう。

スクールは必須です

沖縄に行ってウェイクボードをするなら、事前にスクールの予約をしておきましょう。
旅行会社のツアーにウェイクボードスクールが組み込まれているものもありますし、自分でオプションを追加する事もできます。

上級者を見ているといとも簡単にテイクオフしていますが、実際にやってみると全然テイクオフできないという人もいます。
こういう場合は陸上でトレーニングをしたり、水中でトレーニングしたりしてからの方がいいかもしれません。

スクールに申し込んでおけば、上級者やインストラクターがコツを教えてくれるので、テイクオフできなかった人もできるようになる可能性は高くなります。
沖縄旅行中にウェイクボードができる時間は限られますから、スクールに参加する事で時間を有効的に使えます。
可能なら旅行前にどこかの海で、ウェイクボードのレッスンを受けておくのもおすすめです。

安全に楽しむために

ウェイクボードはコツをつかむとテイクオフだけでなく、いろいろな技ができるようになります。
本格的に始める場合は、自分に合ったボードやウェットスーツなど道具一式を揃える必要がありますが、沖縄旅行の時に体験する場合は、レンタルできます。

マリンスポーツは危険が伴いますから、例え体験であっても危険と隣り合わせだという事は理解が必要です。
スクールに参加すれば基礎から教えてもらえますし、いきなり危険なことはしないので安心です。
道具は一式レンタルできますが、練習でも海の上で着水に失敗すると怪我をする事があります。
念のためヘルメットやプロテクターもレンタルしているかどうか確認しておきましょう。

スクール料金はレベルによっても異なります。
最近は女性でもウェイクボードを楽しむ人が増えている事から、友達同士で参加できるよう2人用のスクールもあります。
テイクオフができて基礎ができている人は、いろいろな技に挑戦できるよう、レベルアップを目的としたスクールなどもあります。
スクール料金と、道具のレンタル費用が別々になっている可動かも確認しておくと安心です。