旅行プランを立てる

沖縄旅行ではぜひ一度は訪れてもらいたい離島ツアーですが、あまり沖縄へ旅慣れていない人にとってはどんなふうに計画を立てればよいのか迷ってしまうところです。
沖縄の離島は有人・無人合わせて総数約160にもおよぶことがわかっているため、単に「離島に行きたい」というだけでは計画を立てることはできません。
そこで離島行きに初挑戦をする人にもおすすめの、スケジュールやプランの立てやすい離島の見どころなどを簡単に説明していきたいと思います。

石垣島と宮古島

まず、沖縄の離島の中でも最もアクセスがしやすく観光のポイントも多いのが石垣島です。
沖縄の離島の中でも人気が高いのが八重山諸島ですが、これらに向かうためにはまずは石垣島にゆき、そこから飛行機や船を乗り継ぐということになるためです。
石垣島自体も観光地としてかなりの良所であるので、まずは石垣島をじっくり探索してからその他の島に目を移してみるということもおすすめの方法となっています。
石垣島の特徴は繁華街のある都市部と、一歩島の内部に踏み込んだときに見られる自然風景とのギャップにあります。

石垣島は離島の中でも広さのある島なので、港からレンタカーを借りてドライブをすれば一日で十分島の中を細かく探索することができます。
石垣島へは東京・大阪から直行便となる飛行機も出ているので、沖縄本島を経由せず離島での観光を十分堪能したいということであれば、そちらを利用すれば時間を短縮することができます。
次いでおすすめなのが海の美しさに定評のある宮古島です。
宮古島は、東洋一の白い砂浜と言われている「与那覇前浜ビーチ」を有する海岸線の美しい地域であるので、マリンスポーツをするにも海水浴や日光浴を楽しむにも最もよい方法となります。

宮古島にも空港があるので、移動に時間をかけずにすむということも大きなポイントです。
宮古島の北端にはさらに離島となっている池間島にゆくことができる「池間大橋」という全長1.4kmの陸橋があります。
橋の上からは海の景色を見下ろすことができるようになっているので、島を散策するときにはぜひ橋をわたっていってもらいたいところです。

他にも、久米島や南大東島のような小さな島に行ってみると、有名な離島とはまた違った新しい発見をすることができます。
離島の行き先を決めるなら、スケジュール面を意識しつつもその島の特徴を踏まえて選ぶのがよい方法と言えるでしょう。