本島と多くの離島からなる沖縄

沖縄は那覇空港のある沖縄本島の他にも多くの離島をもつという、国内でも特殊な環境に置かれている県です。
沖縄の離島は全て合わせると160島以上にもなると言われており、その中には人がほとんど入ったこともない無人島も含まれています。

沖縄の離島の中でも比較的面積の大きなところは、豊富な観光資源を生かし地元の人や観光客を積極的に受け入れています。
沖縄の離島の代表的としては、石垣島、竹富島、小浜島、西表島、与那国島などですが、これらはいずれも八重山諸島に含まれています。
八重山諸島は沖縄本島から南西に約300km下ったところから位置しており、最先端は本島から1200km地点にまでおよぶという非常に広い海域のことです。
沖縄本島も本州地域とは違った独特の風習や文化を持った地域ですが、離島地域はこのような海を大きく隔てた地理的条件もあり、さらに独自色の強い雰囲気を持った場所となっています。

自然を感じられる離島めぐり

沖縄へ観光に出かけるときには、本島だけでなく離島にもめぐってみることもおすすめです。
離島から見る海の色はまた深い青い色をした大変に美しいものであり、島内にあるリゾートホテルやゴルフ場からパノラマビューとして眺めることができるようになっています。
沖縄本島はかなり開発が進んでいますが、離島ではまだ自然のままの風景が十分に残されているので、自然の懐を感じるための旅行ということであれば沖縄でも離島に足を踏み入れてみる方がより“沖縄らしさ”を感じることができます。

反対に、離島地域では沖縄本島のようなショッピングやアミューズメントスポットといったような観光スポットは多く存在していないため、渡る際には何もないということをきちんと知った上で訪れるということも大切です。
沖縄離島は沖縄を訪れる観光客のリピート率の高い、大変人気の高い地域でもあります。
初めて訪れたときには、携帯電話が通じない、交通の便が悪いといったことが気になるものですが、数時間も滞在していると沖縄独特のゆったりした「沖縄時間」の中に引き込まれていくのがわかります。

都会の喧騒がまるで別の世界のような、時間の流れのゆるい楽園の風景は一度経験すると忘れられないほどのインパクトがあることでしょう。
離島の最大の観光資源はやはり四方を囲んでいる「海」です。
海の中を探索するシュノーケリングやダイビング、自然の波を感じるサーフィン、他にもジェットスキーやホエールウォッチングなどは他の地域で行うものとは全く違った味わいのあるものです。
このサイトでは、沖縄の離島に関する基本的な知識を紹介するとともに、観光に訪れるためにはどのようなルートを取っていくのがよいかといったような具体的な情報を紹介していきます。
ぜひ参考にしてみてください。

————————————

【サイト内容】
沖縄離島の魅力
豆知識
離島でダイビング!
初心者にオススメ♪

————————————